ED(勃起障害)とは

勃起を達成または維持できない状態が続くため、満足な性交渉ができないことをいいます。

ED(勃起障害)の原因

EDの原因

正常な勃起には、神経と血管が深く関係しています。性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈は拡張して血液が流れ込みます。海綿体は流れ込んだ血液を吸い込み、大きく膨らんだ状態が正常な勃起です。EDの場合、動脈の拡がりが不十分で、十分な血液が動脈に流れ込まなかったり、勃起につながる神経にダメージを受けていて、硬くなるのに時間がかかったり、勃起が十分続かなかったりします。日常生活におけるストレスなどの心理的な要因、糖尿病・高血圧・高脂血症・喫煙・飲酒などの生活習慣が原因となり、動脈の拡張が不充分だと、海綿体への血流の供給不足によりEDが起こります。

ED(勃起障害)の症状

なかなか思うように勃起しない、たまに勃起しないことがある、性行為に自信が持てない、最後まで満足のいく性交ができないなどの症状があります。

ED(勃起障害)の診断

基本的には、簡単な問診が中心になります。現在飲んでいる薬と飲み合わせが悪くないかどうか確認します。特に必要な検査はありません。

EDの治療法

機能性の場合は性交は必ず可能になることを強調して自信を持ってもらうようカウンセリングやセックス・セラピーを行います。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を、性行為の前に内服します。
1回服用したら次は24時間開けてください。同日に2回服用してはいけません。
自分にあったものを選択します。

それぞれの薬の効果

ホスホジエステラーゼ‐5という酵素の働きを抑えて、海綿体の平滑筋を弛緩させます。この薬の作用により海綿体への血流量が増加して勃起しやすくなります。作用としては、海綿体に多くの血液を送り込み、留めておく力を回復させることで勃起を促すお薬なので、性的興奮作用や性欲増進作用はなく、性的刺激(視覚的刺激・触覚的刺激など)がない限りは勃起しません。
ニトログリセリン等の硝酸剤は併用禁忌です。

バイアグラなど

シアリス >>シアリスサイト 《関連リンク》

シアリスとは米イーライリリー社が開発した世界的に普及しているED治療薬です。欧米では2003年から販売されており、 すでに世界100カ国で1千万人以上の方が使用しています。 ヨーロッパ、アメリカに続き、日本でも2004年に厚生労働省から認可されました。シアリスは36時間の長い作用時間があることから、海外では ウイークエンド・ピルとも呼ばれている人気のED治療薬です。食事の影響を受けず食前に服用できる唯一の薬。
シアリス20mg 2,200円

バイアグラ >>バイアグラサイト 《関連リンク》

バイアグラとはファイザー製薬が開発した世界的に普及しているED治療薬です。日本では1999年に厚生労働省により認可されました。バイアグラは元々、狭心症などの心臓の病気のため開発が進められていたのですが、心疾患への効果以上に勃起を促進する作用が認められて製品化された薬です。
飲んで30分から1時間で効果がではじめ4時間近く効果持続します。食事の影響をうけるので食後1時間以降に服用。
バイアグラ50mg 1,600円

レビトラ >>レピトラサイト 《関連リンク》

レビトラとは独バイエル社と英グラクソスミスクライン社が共同開発した世界的に普及しているED治療薬です。ヨーロッパ、アメリカに続き、日本でも2004年に厚生労働省から認可されました。
レビトラはバイアグラで効果を診なかった場合に処方され効果を得ております。食事の影響を多少うけるので食後30分以降に服用。持続時間は4時間から8時間で容量に依存しています。
レビトラ10mgがバイアグラ50mgに相当。
人工透析を行っている方への処方はできません。
レビトラ20mg 2,200円

別途、初回のみ初診料がかかります。2回目以降処方料のみ。

3ヶ月以上来院がない場合は初診料が再度かかります。

 

>> 診察案内一覧に戻る

ED落合エンド